様々な企業が取り入れている3Dスキャナーとは

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dデータを有効活用

3Dプリンター

3Dデータに注目

最近では3Dプリンターの知名度が上がり、広く普及してきている。3Dプリンターでは、インプットした情報を実際のものとして出力できる装置であり、様々なものに応用されてきている。3Dプリンターは、物体として出力するものであるが、それに対してあるのが3Dスキャナーである。これまでのスキャナーは、写真や書物などを電子データとして取り込むためのものである。3Dスキャナーでは、物体を3次元データとして取り込みができる装置である。パソコンなどでCGを作成する場合、専用のソフトを利用して作成していくが、3DのCGを作成することには多大な時間がかかることがある。そのような際、3Dスキャナーを利用することで簡単に3Dデータとして取り込みできる。

開発への活用

企業においては、製品などを開発していく場合や部品の製造などを行う場合、コンピューター上で3Dデータを作成し、設計などを進めていくことが一般的である。これらの場合、3Dデータを1から作成していくことには時間がかかり、効率が悪くなる。このような際に、3Dスキャナーを活用することで、素材データなどとして簡単に3Dデータの取り込みができる。3Dデータを3Dスキャナーで取り込みを行うことで、開発期間の短縮や効率化につなげることができコスト削減にもつながる。3Dプリンターと合わせ、3Dスキャナーについても普及が始まっており、価格も比較的購入しやすい価格になってきている。そのため、これらを導入する企業も増えてきている。

インクコストを下げる方法

トナー

オフィスに必要なOA機器がプリンターです。個人と違ってオフィスでは使用頻度が高いので、インク代のコストがかかります。コニカミノルタでは海外用に開発した純正トナーを逆輸入しています。国産向けよりも安いのでコスト削減ができます。リサイクルトナーは業者によって品質がばらつくので、純正品の方が安心です。

オフィス機器の補充品

インク

オフィス機器に東芝製品を使用しているなら、何かあった時に保証してもらえる純正トナーの利用がおすすめです。またある通販ショップでは激安価格で東芝の純正トナーが販売されており、全国どこへでも同じ送料で届けてもらえます。