様々な企業が取り入れている3Dスキャナーとは

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. インクコストを下げる方法

インクコストを下げる方法

トナー

安い海外純正品の逆輸入

会社のオフィスではプリンターが活躍します。個人しようとは違って印刷頻度がとても高いので、インクやトナーのコストが大きくなります。コスト削減するためには安いリサイクルトナーを使用しますが、コニカミノルタでは海外で販売される純正トナーを逆輸入したものがあります。海外で販売されるトナーをコニカミノルタでは製造していますが、純正品として販売されているものなので安心して購入することができます。一般的にトナーには国内向けの純正品、海外向けの純正品、汎用品の3種類があります。汎用品はノーブランドなのでリスクがあります。しかしコニカミノルタが生産している海外向けの純正品なら、低コストで安心して使うことが出来ます。そのためオフィスにはコニカミノルタのプリンターを導入する企業が増えています。

純正品を使うメリット

コストを減らすために純正品ではなくリサイクルトナーを使用するオフィスもあります。リサイクル品というのは使用済みのカートリッジを回収して、分解、清掃、部品の交換などを行って再生したものです。印字テストを行ってから販売するので、それなりの安心感はあります。ただし製造業者によって品質にばらつきがあり、使用してみないとわからない点が不安です。その点、純正品はコニカミノルタのようなメーカーが品質管理をして製造しているので、安心して使えるのです。リサイクル品よりもコストはかかりますが、他社のメーカーに比べてコニカミノルタのトナーは比較的単価が安くなります。それはコニカミノルタで生産販売しているプリンターや複合機の性能がすぐれているからです。